東急武蔵小杉駅南口徒歩1分、中原区のコンタクトレンズなら眼科隣接の藍コンタクト。

東急武蔵小杉駅南口徒歩1分、中原区のコンタクトレンズなら眼科隣接の藍コンタクト

神奈川県川崎市中原区小杉町3-441伊達ビル4F

オルソケラトロジーのレンズケアと定期検査について

 

オルソケラトロジーのレンズケアについて

オルソケラトロジーとは、就寝時に特殊なハードコンタクトレンズを装用し、角膜の形状を変化させて近視を矯正し、視力を回復させる治療方法です。

通常のハードコンタクトレンズと同様に、毎日のケアが必要です。

特に、オルソケラトロジー用レンズの内面は複雑な多段階カーブ形状となっていますので、正しいレンズケアが必要となります。

お子様の場合は保護者様が責任をもって行っていただきます。

レンズケアの手順

Step1:クリーナーで洗う

まずは手をきれいに洗います。

レンズを眼から外したら、レンズクリーナーでこすり洗いを行います。

当店ではハードクレンジングを推奨しています。

このクリーナーは、研磨剤、アルコールの入っていないタイプのハードレンズ用クリーナーです。

脂質汚れに強く、少し泡立つので洗っている実感が得やすいと思います。

親指・人差し指・中指の三本でレンズをはさむようにしてクルクルと優しく洗います。

(その際、利き手ではないほうの手で洗うと力が入りすぎず、割ってしまうのを防げます。)

その後、水道水でよくすすぎます。

Step2:洗浄保存液で消毒を行う

レンズをクリーナーで、こすり洗いを行ったあと洗浄保存液で消毒を行います。

当店では、cleadewO2を推奨しています。

レンズケースに片方のレンズをセットし、水道水を9分目まで入れます。

そこに錠剤を入れると錠剤が溶け出し、液体がオレンジ色に変わります。(錠剤を入れる際に、レンズに当たらないように横向きに入れます。)

蓋を閉め、4時間以上放置します。

(液の色が無色になってもレンズは取り出さず、必ず4時間以上放置して下さい。)

Step3:レンズを装用する

レンズ装用時に、まずはクリーナーでレンズを洗いよく水ですすぎます。

使用したレンズケースも洗浄液を捨てよく水ですすぎます。

その後、自然乾燥させて保存します。

※オルソケラトロジー用のレンズは、通常のハードレンズより大きいので、通常ハードレンズケースのホルダーでは幅がやや狭くレンズの変形や破損が懸念されます。

必ず、オルソケラトロジーレンズ専用のレンズケースを用いる必要があります。

また、左右レンズを分ける部分に隔壁のあるタイプは使用できませんので、クロス型の物を使います。

 

定期検査について

 

定期検査は必ず受けていただきます。

定期検査では、視力検査・就寝時のレンズ位置の確認・眼科の診察で眼に傷がついていないか等を確認します。

また、レンズは毎回持ってきていただき、レンズの状態(傷や汚れの状態)をチェックします。

当店ではレンズの交換が何度でも出来る、定額制を推奨しています。度数の変更やレンズの汚れや傷、破損による交換が無償で出来ます。

ただし、紛失してしまった場合は有料になりますのでご注意ください。

オルソケラトロジーは、通常のコンタクトレンズと同様に高度管理医療機器です。正しいレンズケアと定期検査が必要です。